未来を知る

Future

フリーズドライのパイオニアとして、
次の100年へ。

フードから
ライフへ。
私たちは
フリーズドライの
来です。

私たち日本ジフィー食品は、
「フリーズドライ食品のパイオニア」として
1960年に創業し、半世紀を超える歴史を
歩んでまいりました。
フリーズドライ食品は、時代の流れもあり、
生産量は年々増加しています。
そのために、工場の新設や拡大
といった計画や
新しい機械の導入など、
専門知識を
活かせるチャンスが
たくさんあります。
フリーズドライ食品は、まだまだ発展途中。
需要の高まりに伴って、
商品開発もどんどん進んでいきます。
今まで世の中になかった商品を
開発・生産することもできます。
当社は、意欲があればさまざまなことに
チャレンジできるのが魅力。 私たち自身がフリーズドライの
未来となれるように。
私たちの挑戦は続きます。

JIFFY × SDGs

地球規模での豊かな未来へ向けて。
日本ジフィー食品は、
フリーズドライの知見を通じて、
「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献していきます。

飢餓をゼロに

飢餓に終止符を打ち、
食料の安定確保と栄養状態の
改善を達成するとともに、
持続可能な農業を推進する

関連する事業活動、取り組み

  • WFPへの協賛
  • 防災食(非常食)の製造
  • 災害時の物資提供 宇治工場:宇治市と災害時の給水協力井戸としての届け出
    水戸工場:常陸大宮市と災害時における物資の供給に関する協定
  • 安全で栄養価の高い食品の提供
つくる責任つかう責任

持続可能な消費と
生産のパターンを確保する

関連する事業活動、取り組み

  • 工場で使用する水量の削減 水使用量を2030年度 35%減(対2019年度比)に向けた取組み
    ※生産時の水の消費と排水の管理
    ※設備冷却水などの循環利用の推進による削減
  • 食品ロスの削減 食品廃棄量を2030年度 50%減(対2019年度比)に向けた取組み
    ※製造工程での歩留まり向上
    ※規格外製品の削減、賞味期限延長などによる廃棄削減
  • 環境目標として、ゼロエミッションへの取組み推進(再資源化率99%以上を目標)
  • グループウェア―の導入によるペーパーレス化の推進
  • プラントベースフード(大豆原料など)活用した商品開発取組み推進
気候変動に具体的な対策を

気候変動とその影響に立ち向か
うため、緊急対策をとる

関連する事業活動、取り組み

  • 石化由来プラスチック類の使用量削減 プラ類廃棄量を2030年度 50%減(対2019年度比)に向けた取組み
    ※容器、包装資材の3R(Reduce、Reuse、Recycle)推進による削減
    ※素材代替による削減
  • 温室効果ガス排出削減への取組み推進 CO2排出量を2030年度 46%減(対2013年度比)に向けた取組み
    ※ノンフロン冷媒を使用した冷凍設備への更新投資
    ※ボイラー燃料の重油からLNGへの転換
    ※再生可能エネルギーの活用
海の豊かさを守ろう

海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、
持続可能な形で利用する

関連する事業活動、取り組み

  • 河川放流水質の維持 宇治工場:京都府条例、瀬戸内海環境保全特別措置法の遵守
    水戸工場:茨城県生活環境の保全等に関する条例の遵守
パートナーシップで目標を達成しよう

持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、
グローバル・
パートナーシップを活性化する

関連する事業活動、取り組み

  • サプライヤーとの共存共栄を期す

※上記の取り組みはすべて、2022年3月段階での内容です

クラボウグループとしての取り組み紹介

ENTRY